トラピ宣伝部長 渡辺直美
トラピ宣伝部長 渡辺直美

ウェブのお悩みガイド

マッターホルンやユングフラウなど、白銀に輝く稜線美。スイスの山は、道もよく整備され、登山列車やケーブルカーを利用して手軽に登ることができるので、その姿を眺めるのはもちろん、手軽に登ることも魅力のひとつ。

  • 関東発 トラピックスで行くスイスの旅 名峰・絶景列車

  • 関東発 トラピックスで行くスイスの旅 名峰・絶景列車

  • 関東発 トラピックスで行くスイスの旅 名峰・絶景列車

世界に誇る名峰の大パノラマに逢いに

  • ユングフラウ
  • モンブラン
  • ミシャベルアルプス
  • ピッツ・ベルニナ
  • マッターホルン
マッターホルン
ヨーロッパアルプスのシンボル
4つの山稜と4つの岩壁からなる四角錐の鋭く尖ったマッターホルン。どの側面から眺めても美しく堂々とした姿を見ることができます。
  • ゴルナグラート展望台 標高:3,130m
  • クラインマッターホルン展望台 標高:3,883m
マッターホルンを訪れるツアー一覧はこちらから
モンブラン
丸い綿帽子をかぶった純白の雄姿
フランスとイタリアの国境にあるヨーロッパ最高峰のモンブランは、「白い山」という意味。一年中解けることのない白い雪に包まれたなだらかな頂は、世界で最も美しい山のひとつだと称えられています。
  • エギーユ・デュ・ミディ展望台 標高:3,842m
モンブランを訪れるツアー一覧はこちらから
ユングフラウ
世界遺産の貫禄 ユングフラウ3山
アイガー、メンヒ、そしてユングフラウと、尾根がきれいに連なる3つの山。目前に広がるアルプスの山々とアレッチ氷河の大パノラマは感動的。スイスならではの壮大な自然美をご満喫ください。
  • ユングフラウヨッホ・スフィンクス展望台 標高:3,571m
  • アルメントフーベル
展望台 標高:1.907m
ユングフラウ地方を訪れるツアー一覧はこちらから
ピッツ・ベルニナ
美しい森と湖を抱えたサンモリッツの名山
サンモリッツを囲むベルニナアルプスの最高峰ピッツ・ベルニナ。その姿はもちろん、麓に広がる美しい森と湖も訪れる人々を魅了してやみません。
  • ディアボレッツァ展望台 標高:2,984m
ピッツ・ベルニナを訪れるツアー一覧はこちらから
ミシャベルアルプス
4,000m級の山々が連なる
アルプスの真珠と呼ばれるサースフェーを囲うように連なる、アラリンホルン、アルプフーベル、ドムなどの4,000m級の山々。レンクフルー展望台からは、迫力あるフェー氷河を間近に見ることができます。
ミシャベルアルプスを訪れるツアー一覧はこちらから

スイス山についてのよくあるご質問

スイス旅行での山の観光のイメージが掴めません。山の観光の特徴について教えて下さい。
基本的には「絶景の展望台から名峰を望む」といったイメージです。
展望台には列車やロープウェイ等々の乗り物でアクセスします。登山やトレッキングとは全く異なります。
山に登る人だけでなく、老若男女名峰を楽しめるのがスイス旅行の大きな魅力です。
スイスの花は何がキレイでおすすめですか? お花のベストシーズンを教えてください。
エーデルワイス、アルペンローゼ等は特に人気があります。高山植物は7月下旬〜9月初めまで楽しめる場合が多いですが、7月中旬前後は 色々なお花が楽しめます。
一面花畑が楽しめるのは5月〜6月初旬 例)テラッセンヴェーグ周辺(グリンデルワルド近く)
山の上(展望台)の気温を教えてください。
時期、天候などによって全く異なります。大体が3000m級なので、10度以下と考えていただくのが良いです。山の上なので天気は変わりやす いです。雨や曇りであれば寒く感じますし、陽が出れば多少暖かく感じます。

車窓を流れる移りゆく大自然の景観

ユングフラウ鉄道
ヨーロッパ最高標高地にある鉄道駅へ
のどやかな丘陵地帯から、最大勾配25°という急勾配をのぼり、万年雪と氷河に覆われた欧州最高地点の駅、ユングフラウヨッホ駅に向かいます。丘陵地帯から氷河地帯まで、変化に富んだ景観を楽しませてくれます。
ユングフラウ鉄道に乗るツアー一覧はこちらから
  • ユングフラウ鉄道の動画を公開中!!
  • ゆったりと広がる草原、白い頂がまぶしく映えるアルプスの山々、トンネル、氷河などの大自然が創り出す壮大なパノラマ。その一部を動画にてご紹介します。※クリックすると動画が再生します。音が流れますのでご注意ください。
氷河特急
世界一遅い特急
様々な鉄道網が整備されている鉄道天国スイスのなかで、最も人気のある列車が氷河特急。マッターホルンの麓の町ツェルマットから、高級アルペンリゾート・サンモリッツまでを結び、約280キロメートルの道のりを291の橋を越え91のトンネルを抜け約7時間30分ほどかけてゆっくりと走ります。
氷河特急に乗るツアー一覧はこちらから
  • 氷河特急の動画を公開中!!
  • 鉄道天国スイスのなかで、最も人気がある氷河特急。アルプスの名峰、美しい森や牧草地、山間の急流や渓谷など、「まさにアルプス」といった絶景を車窓から存分に堪能できます。その一部を動画にてご紹介!※クリックすると動画が再生します。音が流れますのでご注意ください。

その他の列車も魅力満載!

ロートホルン鉄道
青く輝くブリエンツ湖と背後のユングフラウを眺めながら急勾配をのぼる、スイスで唯一定期運行しているユニークなSL。
ゴルナーグラート鉄道
マッターホルンが車窓に迫る急勾配をのぼり、終点駅の展望台からはアルプスの名峰が眼前に迫りくる光景を楽しめます。
ベルニナ特急
急流や氷河、のどかな牧草地帯など、絶え間なく変わる風景を車窓に、スイスから国境を越えてイタリアのティラノへ。

スイスの列車・登山・ハイキングについてのよくあるご質問

鉄道の車両にお手洗いはついていますか?
大体ついてます。登山列車にはついていません。氷河特急にはついています。
ハイキングの途中での休憩(お手洗い)はどのようにとるのですか?
ハイキングコースの途中、お手洗いはありません。
ハイキングスタート前、終了後のポイントで済ませていただきます。休憩はベンチなどで随時お取りします。
「ハイキングシューズをご用意下さい」という記載がなければ、普通の運動靴でも支障はないでしょうか?
ハイキングシューズをお勧めいたします。
スニーカーでも、履き慣れた物であり、底が厚くギザギザの滑り止めのついたもの。また、くるぶしまであるものが良いです。足を固定してくれるハイカットシューズやトレッキングシューズが望ましいですが、スニーカーでも構いません。基本的に平坦な道を歩きますので履き慣れているゴム底などの滑りにくいものであれば問題ありません。
日頃から運動されていない方でもハイキングへの参加は問題ありませんか?
ゆるやかな下り坂なので、問題ありません。不安な方は直前まで様子を見て判断していただければ良いかと思います。
ハイキングの際は、どのような格好で参加すればよいでしょうか?
1日のうちでも温度差が激しく、天候によって温度がかなり変化するスイスでは、1年を通して、温度調節ができる服装の準備が必要です。晴天で無風の日なら半袖Tシャツで良い時期でも、曇りや風があると薄手の長袖またはフリースが必要になることもあります。Tシャツをベースに状況に応じて重ね着をして、こまめに調整するよう心がけましょう。
  • ◆ズボン
  • 速乾性・伸縮性のある動きやすいものがおすすめです。
  • ◆シャツ・セーター
  • 化繊と綿が混紡になったシャツ。保温性の高いフリースまたはセーターがおすすめ。
  • ◆ウインドブレーカー
  • 風や雨、霧などに備えてフード付きで防水性のあるものがおすすめです。大きなポケットが付いていれば、何かと便利です。

※写真・イラストは全てイメージです。ご旅行中に必ずしも同じ角度・高度・天候での風景をご覧いただけるとは限りませんのでご了承ください

PR
【紅葉特集2021】紅葉のおすすめツアーをご紹介!秋たびクーポンキャンペーンも開催中!